松本社寺建築とは

ホーム > 松本社寺建築とは

松本社寺建設とは

鎌倉に拠点を置く松本社寺建設は、先人から受け継いだ本物の技術を持った宮大工が、
日本の伝統建築の源流である社寺建築に誠実にこだわる建設会社です。
鎌倉 瑞泉寺の改修など社寺建築をはじめ、重要文化財・茶室などを40年以上にわたって手がけてきた
棟梁 松本髙広を中心に本物の宮大工になろうと日々精進する若者たち、そして職人を支える女性スタッフが、
社寺建築の様々なご要望に丁寧にお応えします。
鎌倉、関東圏での確かな実績を持ち、各分野の伝統職人との信頼ある連携のもと、
全国の社寺の新築、修繕、移築、耐震工事を請負います。

 

宮大工からのメッセージ

 

松本社寺建設の考え方

私たちの使命、想い、そして目指していること

RInen_Plate_1RInen_Plate_2RInen_Plate_3