宮大工スタッフ紹介

ホーム > 宮大工スタッフ紹介

宮大工

松本 髙広 

宮大工  松本 髙広  まつもと たかひろ


昭和26年9月2日生 岡山県津山市出身

中学校卒業後15歳で大工弟子入り。 20歳の時に奈良法隆寺宮大工西岡常一氏を尋ね、宮大工の精神など多くのことを学んだ。
その後西岡氏の紹介で文化財専門工務店にて宮大工職人として、13年従事。
34歳で独立。その後、有限会社 松本社寺建設設立。

文化財建造物木工主任技能者認定 第90号
一級建築施工管理技士
二級建築士

文部科学大臣認定 選定保存技術保存団体
NPO法人 日本伝統建築技術保存会 理事

 

 

内田 俊矢 

宮大工  内田 俊矢  うちだ としや


昭和61年4月28日 東京都八王子市出身

2008年入社。職藝学院卒業。社寺建築は、日本建築の中で最も意匠的だと感じ、自分も宮大工に なって、
たくさんの技術を学び、後世に残る建物が造れるようになりたいと、修業中。

一級建築施工管理技士
二級建築士

 

小林 央 

宮大工  小林 央  こばやし ひさし


平成元年11月4日生 神奈川県鎌倉市出身

ものつくり大学4年時にインターンとして従事。 卒業後、2012年に入社。
日本の伝統の大工技術を学びたいと思った。

 

石塚 友貴 

宮大工  石塚 友貴  いしづか ゆたか


平成5年6月14日生 神奈川県小田原市出身

職藝学院卒業。 2年生のときインターンとして従事。 小学生時代から大工にあこがれていた。
その中でも、特に難しい技術を求められる宮大工に挑戦したいと思い入社した。

 

スタッフ

松本 佳美 

松本 佳美  まつもと よしみ


昭和35年9月11日 神奈川県鎌倉市出身

 

建築の知識は無かったのですが、会社のお手伝いをしながら、大工技術の奥深さ、かっこよさを知りました。
若い大工は皆、息子のようでかわいいです。良い建物を残すべく、一緒に頑張りましょう。